3種類のペニス増大トレーニング

元気いっぱ

 

 

ペニスは男のシンボル。
セックスで女性を喜ばせる事にかなり影響するので、大きい方が良いという考えが一般的です。
ペニスのサイズにコンプレックスを持ち、大きくしたいと悩んでいる人も多いです。

 

日本人のペニスは世界的に見るととても小さいですが、トレーニングで大きく出来ます。
今回は3つのペニス増大トレーニングをご紹介します。

 

 


1.無酸素運動と筋トレ

元気いっぱいトレーニング

ジョギングや水泳などが有酸素運動で、それと逆なのが無酸素運動です。
有酸素運動は弱い負荷をかけた長時間の運動で、無酸素運動は強い負荷をかけた短時間の運動です。

 

無酸素運動や筋トレとペニス増大の関係の鍵は、男性ホルモンです。
以前、「筋トレするとハゲる」という噂がまことしやかに囁かれた事があります。
科学的根拠はありませんが、筋トレすると男性ホルモンが分泌されるのは本当です。

 

男性ホルモンはペニス増大に大きく関係しています。
二次性徴の時は男性ホルモンが多量に分泌される事でペニスが増大します。

 

筋トレは大きさだけではなく持続力アップにも繋がります。
普通の筋トレ以外にPC筋を鍛える方法もあります。
PC筋は蟻の戸渡りにあり、この筋肉を弛緩させると放尿や射精をコントロール出来ます。

 

ある国ではこの筋肉を鍛える事がとても重要視されています。
鍛え上げた結果、ペニスで100kg以上の重りを持ち上げられる様になった人も居ます。


2.オナニー系

相談

オナニーを頻繁に行う事もペニス増大効果があります。
忙しくても処理するだけの簡単なオナニーで済ませず、定期的にじっくり時間をかけてやりましょう。
最近は膣の形をした器具も色々売られているので、取り入れてみて下さい。

 

長期間継続する事で効果が出ます。
1回や2回では目に見える変化は出ないので、根気良く続けて下さい。


3.専用器具

お店

ペニス増大の専用器具はアダルトショップやネットで買えます。
大きく分けると牽引型と吸引型の2種類があります。

 

牽引型はペニスを引っ張ってそのままの形を保ち、ペニスを増大させます。
個人差がありますが、目に見えて大きくなるには約1年かかります。
常に着けていないといけないので、周りにバレやすいのがデメリットです。

 

吸引型は専用のポンプでペニスを膨張させます。
1回30分が目安です。

 

どちらもサプリと併用するとより高い効果が出ます。
家族と暮らしていると保管場所に困るのが難点ですね。


○まとめ

ボートカップル

「ペニスに大きさは関係ない」と言う人もいますが、男性にとっては生殖器以前に男らしさの象徴です。
小さい事による1番の問題は自信が持てない事で、女性に対して消極的になってしまう人も少なくありません。

 

実際の大きさよりも、それが引き起こすネガティブさが大きな問題です。
増大の為の努力をして自分に自信を持ちましょう。


更新履歴